読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えくすてくすと

日々気になったことをサクサクと

致死性不整脈は苦しまない死に方らしいが

現在のトレンド1位になっているこのワード。
検索しても松野莉奈さんの話に絡めたブログや記事しか出てこないので、
日付指定を使って過去の記事を読んでみた。





いくら苦しまないといっても、
次起きた(?)時には死んでいるなんてどうにも寂しい。

きっと今回の子も、
自分が死んだ事実にすら気付かずに眠り続けているのではないか。

命の儚さと、
何とも言えない哀しさに包まれた午後7時。

天国では元気に笑って居てほしい。


他の致死性不整脈に関する過去記事

[www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph71_2.html:embed]

保育所は足りない。保育士も足りない。

女児の着替えをさせてほしくない、
という保護者の主張。

www.j-cast.com


分からなくもない。
だけど、こんなニュースは、
まだ恵まれているほうだと言わざるを得ないだろう。

anond.hatelabo.jp

去年の流行語対象になりかけた
保育所落ちた 日本死ね」。

まだ保育所に入れるだけましなのだ。
kosodatejapan.com

こちらは東京都の待機児童数ランキング。
トップの世田谷は1000人を超えている。

つまり1000人以上の働きたい人々が、
子供を預けることができず、
苦しんでいるのだ。

これは「日本死ね」とも言いたくなるだろう。



さらには、
就労日数が足らず、保育所対象にすら
ならない人々もいる。

保育園に入園できる条件|保育園情報BOX
知り合いに、
精神的に余裕がなく
週4回働く事ができないという母親がいる。

最低週4の共働きが条件とされている以上、
働かなければならないのだが、

それ以上働けば限界が来てしまう。
子育てにも疲れ、
周囲に支えられながらギリギリやっている。

こんな現実を目の当たりにすると、
自分も子供を持とうとは到底思えない。

少子化への危惧が叫ばれているが、
これではどうしようもない...。


デジタル遺品 残されたデータをどうするべきか

今朝NHKで特集されてたので。
「デジタル遺品」

この言葉を聞いて何をイメージするだろうか。
HDDに保存されている大量のデータの話かな、と思ったのだが今日の特集は違うらしい。

FXなどの損失についての話らしいのだ。
確かに株なども電子化されている現在、
手続きをしないとあっという間に大変なことになってしまうような気はする。

今日話題にしたいのは、「SNS」と「オンライン/オフラインデータ」について。
www.digimonostation.jp


あなたは、何歳まで生きるつもりだろうか。
何歳だとしても、今日死ぬかもしれないということは可能性としてあることを忘れてはいけない。


なんにしても、準備は大切ということだ。

でもSNSは、実際に自分の身近な人がなくなるまで想像していなかった。
父親が亡くなったとき、スマホは母親がパスコードを知っていたために解除できた。

しかしSNSはパスワードがわからなかったのだ。
しかしやはり夫婦というものなのだろう。
見事パスワードを当て、ログインすることができたのだ。

そのため死を惜しむ友人たちに対してコメントを返すことができた。

だがずっと大切にしていたノートパソコンは、
今も開かず仕舞いで、父の机の上に置いてある。

おそらくそこまで大したものは入ってないだろうが、
そこにあるはずの存在は非常に遠く、永久にかかわることのできないものになってしまった。

残された家族としては空虚感である。



自分ならどうするだろうか、と考えたときに考えたのは
HDDにデータを移しておくことだ。

家から持ち出さないHDDにすべてのデータを同期しておく。
これでひとまず問題ないだろう。

特にみられて困る画像や動画(笑)が入っているわけではないので、
そこは安心だ。

だがSNSはどうするべきだろうか。
どちらかといえば見られてほしくない。

だけども、知り合いには何とかして
死を伝えるべきなのか、と悩む。

nanapi.com


この情報からすると、
FacebookTwitterはアカウントの存在を知られていることで
公開されてしまうようだ。
恐ろしい...。

Facebookは別にどうでもいい。
非公開投稿が公開にならなければいいが...。

Twitterは自分が死ぬことが分かってきたら
消しておくべきか、それとも最期まで残すべきか...。

Evernoteは安心。
家族にも中身を知られることはないらしい。


ここまで書いて気付いたことが一つ。
スマホ指紋認証を利用していることだ。

つまり、遺体が残っていれば解除は可能になってしまうということなのか...?

そうなれば、ログインパスワードが保存されているため
すべての情報が明るみに出てしまう。

それはちょっと困るんですが...。(笑)


アパホテルと南京大虐殺の見解書籍について。

なかなか難しい問題である。

自分としては南京大虐殺をなかったものと否定することは
流石に考えとして行きすぎじゃないかと思うが、


ここで重要なのは言論の自由について。
個人的に、アパホテルがこれを主張した書籍を部屋に置いておくのは問題ない気がする。

例えばこれが「ヘイトスピーチ」のように、
相手が住む場所や公共の場に出て、自らこそが正しいと叫ぶのは論外である。

言論の自由が保証されるのは、
相手に危害を加えない場合においてだからだ。


また、政府が大々的に発表しているわけでもない。
これが政府の見解だとすると、

国同士の関係などに影響が出てくるため、
避けるべきだろう。



しかし今回は一民間ホテルなのである。
読みたくなければ読まなければいいし、

ましてや利用しなければよい。


内容が誰かを直接名指しで批判しているわけでもない。
だからこれは問題ないのではないかと思う。


これを外国人が、とか左翼が、とかどうでもいいことに結びつけて
ツイートしている日の丸アイコンの人たちは、

そもそもそんなことは考えていないだろうけど。



南京大虐殺について記された記事はこちら。

https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325

『本当の日本の歴史 理論近現代史学』P6
二、南京三十万人大虐殺

 中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ。しかも国民党広報宣伝部に雇われていた二人を除いて、欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもないことなど、更には、上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていないことなどから、いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らかである。
 そもそも日本軍が南京に侵攻したのは、一九三六年、張学良が蒋介石西安拉致監禁した西安事件をきっかけに、コミンテルンの指導で第二次国共合作が成立したことで、国民党政府軍は中国共産党への攻撃をやめ、国民党政府軍に共産党勢力が入り込み、日本軍を挑発して、日本を戦争へ引きずり込んでいったことが背景にある。
 一九三七年七月七日、中国盧溝橋付近で北京議定書に基づき合法的に駐留していた日本軍の軍事演習中に、日本軍とその近くにいた国民党政府軍の双方に対して実弾が発射されたことをきっかけに、戦闘状態になった(盧溝橋事件)。この双方への発砲は、後に中国共産党国家主席となった劉少奇(りゅうしょうき)が指示したものであることを、彼自身が告白している。事件不拡大を望んだ日本軍は、その四日後には停戦協定を結んでいる。
 しかし、日本を激怒させ国民党政府軍と戦争をさせる為に、同年七月二十九日、中国保安隊によって日本人婦女子を含む二百二十三人が残虐に虐殺された「通州事件」や、同年八月九日に起こった「大山大尉惨殺事件」、更には、同年八月十三日、国民党政府軍に潜入していたコミンテルンのスパイである南京上海防衛隊司令官の張治中(ちょうじちゅう)の謀略によって、上海に合法的に駐留していた日本海軍陸戦隊四千二百人に対して、三万人の国民党政府軍が総攻撃を仕掛けた第二次上海事変を起こすなど、中国は日本に対して次々に挑発を繰り返し、それまで自重し冷静な対応を取っていた日本も、中国との全面戦争を余儀なくされたのであり、不当に日本が中国を侵略したわけではない。
 上海事変で勝利した日本軍は、敗走する国民党政府軍を追撃し、国民党政府の首都であった南京を攻略し、同年十二月十三日に南京占領。このとき敗残兵が住民に対して略奪、虐殺を行なった。それらの敗残兵が民間人の衣服を奪って便衣兵(ゲリラ)となったことから、日本軍は便衣兵の掃討作戦を行った。便衣兵(ゲリラ)の殺害は国際法上認められているものであり、一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達(督戦隊が撃ち殺したのは、逃亡中国兵であった。)であった。しかし、こうした事実が歪められて、情報謀略戦として、「南京三十万人虐殺説」が流布されたのである。そもそも既に南京を攻略した日本軍にとって、南京で虐殺行為をする理由はない。一方、通州事件や大山大尉惨殺事件、第二次上海事件などでの日本人に対する残虐行為には、日本軍を挑発し、国民党政府軍との戦争に引きずり込むというコミンテルンの明確な意図があったのである。<<<


LINEでの、脈ありサインを見分ける。

前回に引き続き、脈ありサインについて。
今回は第2回。

評価は
〇:脈ありが期待できる
△:可能性はありうる
▲:可能性は非常に低い
×:脈あり0%、期待するな

http://jion.tokyo/580
参考はこのサイト。

それでは行ってみよう。

①日常的な会話が頻繁に来る

男→女「▲」
女→男「▲」

正直この辺は、本当に判断が難しい。
だけど、可能性は非常に低いと考えられる。

日常的に会話するくらいなら、
たぶんその会話をほかの人たちともしているということを
常に頭に置いておこう。

②自分の体験や経験をあなたに共有してくる

男→女「▲」
女→男「▲」

これも可能性としては非常に低い。
体験や経験を共有してくる相手が、

なぜ共有してくるのかを冷静に考えてほしい。
単純に友人の一人として考えているのでは?

勘違いしやすいケース。

②かわいいスタンプ

男→女「×」
女→男「×」

まあ論外ではなかっただけ喜ぼう。
もしプリインストールオンリーの適当なスタンプだけだったら、確実にそれは対象外だ。


②ハートマークを使う

男→女「?」
女→男「×」

これは男が勘違いしやすい行動No.1だと思う。
女性の皆さん、そこは十分に注意したほうがいいと思います。


自分の写真、ムービーを送ってくる

男→女「△」
女→男「△」

ここまで来たら、確実に脈ありだ!!
と舞い上がってしまう気持ちもまあわかる。

でも立ち止まって考えてほしい。
それは本当にあなたのために送られた写真なのだろうか?
相手が自己顕示欲のために送った可能性はないだろうか。

もしかしたら、
あなたが好きだから送ったのではなく、

あなたのことを励ましたいから送ったのかもしれない。

とにかく、好きという気持ちに気付いてほしくて写真を送ってくるようなことはほとんどない。
まあそんなことをする人がいてもろくな人ではないことは確か。



なぜここまで厳しめにチェックするのかというと、
脈ありサインと勘違いして飛びつき、
傷ついてほしくないのだ。

もちろん待つだけでなく、どこかで前に出る勇気は必要かもしれない。
だけど、告白を特攻して、その後悲しい結果になった人を
何人も知っている。自分もその一人だ。笑

ぜひ頑張ってほしい!
そして、落ち着いていこう。

次回は告白するタイミングについて。

いったん落ち着こう。脈ありサインの見分け方。

つい先日失恋した友人の話を聞いたので、
ちょっと整理してみようと思う。

今日は第一回。

今の時代、世の中には多くの情報があふれている。
だからこそ、それの真偽を吟味しなければならない。

だが恋は盲目といわれるように、
冷静な判断、ましてや客観的な視点なんて絶対に得られないのだ。

だからこれを読んだ人に考えてほしいのは、
「冷静になること」「客観的な視点を持つこと」だ。

自分の想いが先行して、大失敗にならないようにしてほしい。
そのためにここにこれたのは良かったのではないか。

ちなみに本気で恋愛をしている人なら読むべきだと思うけど、
そうじゃなくて適当に付き合う相手を探してるんだったら、別に読まなくてもOK。
恋愛必勝法が載っているわけではないからね。

それでは、それを踏まえたうえで、脈ありサインについて考えてみたいと思う。

評価は
〇:脈ありが期待できる
△:可能性はありうる
▲:可能性は非常に低い
×:脈あり0%、期待するな

http://jion.tokyo/580
参考はこのサイト。

女性が教える脈ありサインらしい。

①髪の毛に触れるしぐさ

男→女「×」
女→男「×」
いや嘘つけよ。
これは冷静な判断ができれば、まずおかしいと気付けるはず。

そのくらいだったら、自分でもやると思う。普通。

では次。

②行動や言動が似る

男→女「×」
女→男「×」

これも違う。
そりゃ一緒にいればそうなるよ。
同じ場所にいるから、同じことをするのであって、
一つの会話をしているから、言葉が似てくるわけじゃないだろうか。
それは似るというか、単に同じことをしているに過ぎない。

ただ1%くらいの人は、
心理的テクニックをどこかのまとめ記事で読んで実践してるのかもしれないね。


③唇に対してのしぐさ

男→女「×」
女→男「×」

冷静に考えれば、ただ唇が乾いていたんじゃないかな。

おそらくこの辺までは、
あまり真に受けている人は多くないのでは。

本番はここから。

④ちょっとした意地悪をする

男→女「△」
女→男「▲」

正直これは可能性としてあると思った。
100%脈ありではない。
ただ、脈ありかも?と考えてもいい段階ではないかなと思う。

女→男はあまり見たことがないし、
たぶん下に見られている時点であまり期待できないんじゃないかと思う。

ただ男→女はありうる。
少なくとも、対象外ではない。

なぜこう言えるかというと、
完全に脈がなければ、そもそもちょっかいなんか出さないのだ。

そんなことをして下手に好かれてしまったら困るからね。
たぶん「好き」という想いではないと思うが、
ある種の「好意」は抱いているといってもいいかなと思う。

男というのは正直ではなくて、
好きな相手にちょっと嫌なことをしたくなっちゃうことがあると思うよ。
小学生、いやそれよりも小さい時から。

「電話に、出ない」「返事を遅くする」

男→女「×」
女→男「×」

どうかな。
単純に忙しいだけだと思うし、
返信がめんどくさいとか、後でもう少し考えようってことだと思うけどね。

これで脈ありかも?とか舞い上がってると
足元をすくわれる。確実に。

ほかの異性の話をする

男→女「×」
女→男「×」

いや、これ駄目じゃない?
逆に意識してるなら、相手の喜びそうな話をすると思うんだけど...。

⑤フィジカルコンタクト

男→女「▲」
女→男「▲」

これを脈ありとしちゃう人は結構多いのでは。
ただ、これは本当に相手によると思う。

普段いろいろな異性と触れ合う機会が多い相手なら、
絶対に脈ありサインとしてとらえてはいけない。
その人からすれば、One of themでしかないと思う。
変に意識すると、気持ちにずれが出てきて、
告白したら「ごめん、そんなつもりはなかった」
と言われるような気がするね。

ただし、普段控えめな人からコンタクトがあったら
ちょっと可能性としては大きめに考えてもいいかもしれない。

偶然ぶつかったのではなくて、
明らかにコンタクトをとってきたのではあれば。

客観的に考えることができるかな。果たして。

話が膨らむ

男→女「×」
女→男「×」

友達でもよくある話。
友達と思われているか、だったらいい線いってるけどね。
脈ありの脈の字もないよ。

照れたしぐさ

男→女「▲」
女→男「△」

照れた...。
なんか照れるようなこと言ったんじゃないの。

だけど、何もしてないのに照れた感じだったら
なんかあるかもしれない。
いや、好意はあるかもね。もう少し親密になろうとしていいかも。

高めのトーン

男→女「×」
女→男「×」

ないです。

趣味に共感

男→女「×」
女→男「×」

よくある話。

視線が合う

男→女「×」
女→男「×」

これは勘違いしやすい行動No.1じゃないか?
こっちを見ている!これは相手が好きって思ってくれてるのかも!

落ち着こう。
そんなことではまともに外を歩くことすらできないではないか。


二人きりの時に甘える

男→女「△」
女→男「△」

これは...。まあ可能性としてはあるかもしれんな。
甘えるっていう表現がどんな感じなのかわからないけど。



親密な会話をする

男→女「△」
女→男「▲」

ここは非常に重要な部分。
たぶん親密な会話をしてくれる時点で、
それなりに心を許している相手ではないかと思う。

だけど、「友達として」、相談を持ち掛けているのかもしれないな、
と常に頭に置くことを忘れずに。
これは脈ありサインだ!!!と思って特攻すると、
相手の悩みを増やすだけで、逆効果だと思う。

服、小物のセンスをほめる

男→女「×」
女→男「×」

そのくらい友人関係でもあるでしょ。

具体的な良いポイントをほめてくる

男→女「▲」
女→男「▲」

これは、ぎりぎりあるかもしれない。
でもよく考えてほしい。
決め手にはならないからね。

話を聞く態度が熱心

男→女「×」
女→男「×」

そもそも聞かない人なんか完全アウトだよ。

常に笑顔があふれている

男→女「×」
女→男「×」

絶対違う。
それは性格だって。



今回はここまで。
どうだろう、脈ありなんてことは、
そう簡単に言えることじゃないということが分かったのではないだろうか。

次回はLINE篇を書いていきたいと思う。

アメリカ大統領選関連の秀逸なツイート

<ネタ篇>


フロリダサン...


しゃーない


あるあ...ねーわ。





<ありがち篇>


人間の判断ほどあてにならないものはない。


うーんこの


トーナメントバトル漫画にありがちな展開


これは事あるごとにあがってそう




風が吹けば桶屋が儲かる理論>

出ません。


<オマージュ篇>


100%崩壊しそうな二人組じゃあないか。


児玉清が選挙の司会も務めてほしい。


日本円とかいう海外投資家のおもちゃ。


いかんでしょw



<豆知識篇>


そういうことだったのか...。(無知)


今回はひっくり返ることなく終わったようだ。



<予測>


流れは止まらなかったね。

<その他>


対岸の火事は安心だからね、仕方ないね。


意外と礼儀正しかったりして。


やっぱ灘高ってすげーわ
しかしこれが日本の高校スタンダードになればいいのに。


実は政治もできる