えくすてくすと

日々気になったことをサクサクと

【くも膜下出血】人事は一体何をしてるのか、という話。【残業】

またしても犠牲者が出てしまった。
28歳の男性が死亡の3か月間に184時間の残業、直近2か月は80時間超の残業により亡くなった。

www.sankeibiz.jp



残業が原因でくも膜下出血になり、亡くなる方はこれまでにもいる。
2018年1月には40代の教員女性が128時間の残業で死亡しており、
新潟県教委:40代女性が勤務中死亡 時間外が125時間 - 毎日新聞


2016年8月にも40代のコンサル男性が250時間の残業で死亡している。
残業250時間、管理職扱いで残業代ゼロ...くも膜下出血で死亡した男性に労災認定 - 弁護士ドットコム


なぜ同じ過ちが繰り返されるのだろうか。

それは人事の管理不足が原因ではないかと推測する。
通常であれば、HRシステムを導入し、残業管理などは行われているのが当然といえよう。
教員はわからないが、少なくともコンサル業等においては、
このようなシステムが入っていない会社などないのではないか、と思う。

それなのに同じ過ちが繰り返されるのは、
人事の怠慢であるといえる。

現場で働く社員は、死に物狂いである。
納期に間に合わせるため、休日、休憩返上で働く。

上司の立場ともなれば、
部下の育成をしつつ、自分の業務を遂行することになり、
業務内容は格段に増すことだろう。

そんな、必死な彼らに歯止めをかけるのが、
人事の役目なのではないだろうか。

周りが見えない彼らに、休みを取ることを進めることこそが、
人事の役割であり、責任である。

それができないのであれば、その人事は仕事をしているとは言えない。

一刻も早くこの問題が解決され、
さらなる犠牲者が出ないことを望む。



何のため、誰のための「年号」?

元号の変更が間に合わないために、年金等のシステムのために平成を残すことがわかった。




日本の文化として元号を大切にしたいという気持ちはわかるが、
そのためにシステムが対応しなくなるという事態を招くのであれば、
本末転倒ではないだろうか。





政府の動きと民間の実情が合わない、
ということはよくある話だが、
現実をみなければ、このような失敗は免れない。

【動画】ラスベガスの銃乱射事件。


ラスベガスで乱射、20人以上死亡100人以上負傷と警察 - BBCニュース

20人以上が死亡、100人超が怪我。

www.youtube.com



www.youtube.com


まるで花火の様に、立て続けに発砲音が鳴り響いている。


銃社会における保身の安心感よりも、
潜在的なリスクが表立った際の危険が際立つ事件となった。

【動画】学生vs教師(?)信頼関係の有無で結末はこんなにも変わるのか...という話。

先日、福岡県の私立高校での教師に対する暴力が話題になった。

youtu.be

日本史の授業中にタブレット端末の利用をやめないことを教師が注意したところ、
逆上して足を何度か小突き、その後二度も蹴り飛ばしたのだ。

その様子をクラスのメンバーはただ笑うだけで、咎めるものはいない。

教師は馬鹿にされる対象であり、
そこに敬意というものは存在しないように思われる。

授業中に講師を蹴った疑い、高1逮捕 動画が拡散 福岡:朝日新聞デジタル


そんな中、また別のある動画が
Twitter上で大きく拡散されている。






一見すると、教師にドッキリを仕掛け、それに対して怒られているかのような動画。

しかしこの動画には続きがある。




なんと先生の方がクラスの「共犯者」であり、
逆ドッキリの仕掛人だったのだ。


ドッキリを仕掛けられた学生のホッとした表情には思わず頬がゆるんでしまった。


このドッキリの良し悪しは別として、

二つの動画には大きな違いがある。
それがタイトルにもある「信頼関係」だ。

教師がこのようなドッキリに参加してくれるということは、
日頃から密なコミュニケーションが取れているからこそと言えよう。

もし全く信頼関係がなければ、このような仕掛けに参加させよう、
という気が起こることはまずないだろう。


学生の日常生活の中に、教師が溶け込んでいるからこそ、
一緒に面白い事をやろう、と持ち掛けることが出来るのだ。


一方で全く信頼関係がなければ、文字通りの学生vs教師となってしまう。
お互いに敵同士という認識しかできなくなってしまうのだ。


どのようにすれば、このようなコミュニケーションが取れる学校になるのかは分からない。
しかし、形はどうであれ、双方の信頼関係が出来ている学校というのは、


問題が起こる率も自ずと下がるのではないか、と思わされた、そんな動画たちだった。



たつき監督降板騒動。KADOKAWAによる炎上隠蔽をめぐる議論について。

ここまで大きく隠蔽騒動が一社から起こったのはなかなかないのではないか。


そこで、今回の流れをまとめ、一度振り返ってみたい。

1.たつき監督、Twitterにて降板を発表


ここから今回の騒動は始まった。

2.「たつき監督」トレンドから消える





大騒ぎになっているのにもかかわらず、
突如「たつき監督」がTwitterトレンド上から消える。

そして「へたつき監督」へ。

これはおそらく、
以下の署名ページが多くリツイートされたことによるものと思われる。

キャンペーン · けものフレンズ視聴者のみんなへたつき監督辞めないで! · Change.org


けものフレンズ視聴者のみんなたつき監督辞めないで!


Twitter社がこのトレンド隠蔽操作を行っとは考えにくい。
しかし、次の件に関してはどうだろうか。

3.ニコニコニュースで「たつき監督」関連が表示されない

一番閲覧されているはずにもかかわらず、表示されないという問題が生じた。

togetter.com



その後も新着コメント一覧には表示されない→表示されるが記事タイトルが改変される→最終的に修正される

という流れを経ている。これは明らかに、何らかの操作があったとみていいだろう。

4.「パターン23」の存在

掲示板ふたばに上記のようなコメントが書き込まれた。
愉快犯の仕業とも言われているが、それにしては発想力がありすぎる。

4.広がる騒動の波

様々な方面までこの騒動の影響が出ている。





たつき監督も本日9/26が誕生日とのことで、
それを間近にした降板の知らせにたいする思いはどれほどの痛みを伴っているのだろうか。



本日中に、何らかの発表があるとされている。
(2/2) けもフレ、たつき監督が降板「カドカワ方面からのお達しみたい」 売れると主導権争い、の指摘が : J-CASTニュース

J-CASTニュースは26日、名前があげられたKADOKAWAに対し、たつきさん降板の事実確認と経緯の説明を求めた。だが同日20時、広報担当は「本日(26日)中にこの件に関するリリースを発表させていただきますのでお待ちください」とだけ話した。

またKADOKAWA社長もこの問題に対して取り組む姿勢を見せている。
たつき監督「けもフレ」降板 カドカワ川上社長「ぼくも心配しています」 - ITmedia NEWS


今できることは、
ただ続報を待つことのみである。


アニメさながらの、幸せな終わり方を期待したい。




小池百合子知事の都民ファースト代表辞任に対する現在の反応まとめ

extext.hatenablog.com

今後どうなるのか、まだ見通しは明らかではないので、
後で見直すように自分用メモ。

2017年7月3日現在の人々の声をTwitterからピックアップしてみる。


大方の声は「驚き」である。


そして、少々「自民党勝利」の声。
小池百合子自民党復党の可能性を予測しているとのこと。


冷静な分析としては、
二元代表制に配慮した
形式的なものなのでは、という意見。



小池百合子知事、都民ファースト代表辞任。都知事専念へ

選挙翌日の出来事。
この即断の裏にはどのような思惑があるのか。


小池知事、「都民ファーストの会」代表を辞任へ:朝日新聞デジタル

【東京都議選】小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明 「知事に専念」「二元代表制への懸念」 - 産経ニュース

小池氏、都民ファ代表退く=「二元代表制」に配慮:時事ドットコム



東京都は首長と議会からなる二元代表制を敷いている。

二元代表制ってそもそも何? | ちょっと言わせてもらいます。


すなわち両者が互いを監視し合うことにより、
より良い政治を目指していこうとしているわけだ。


今回の場合、都民ファーストの代表として首長、すなわち都知事がいると、
二元代表制のメリットである互いの監視が行われず、癒着してしまう可能性があげられる。
二元代表制のメリット・デメリット


それを今回切り離したということは、
小池知事が東京都政治を本気で変えていこうとする意志の表れだ。


都民ファーストとしては、党の顔がいなくなったわけであり、
今後は自分たちで力をつけていかなけらばならない。

不信感から自民党への投票が大幅に減少した今回の都議選。
そこに妥協は一寸も許されないだろう。