えくすてくすと

日々気になったことをサクサクと

いったん落ち着こう。脈ありサインの見分け方。

つい先日失恋した友人の話を聞いたので、
ちょっと整理してみようと思う。

今日は第一回。

今の時代、世の中には多くの情報があふれている。
だからこそ、それの真偽を吟味しなければならない。

だが恋は盲目といわれるように、
冷静な判断、ましてや客観的な視点なんて絶対に得られないのだ。

だからこれを読んだ人に考えてほしいのは、
「冷静になること」「客観的な視点を持つこと」だ。

自分の想いが先行して、大失敗にならないようにしてほしい。
そのためにここにこれたのは良かったのではないか。

ちなみに本気で恋愛をしている人なら読むべきだと思うけど、
そうじゃなくて適当に付き合う相手を探してるんだったら、別に読まなくてもOK。
恋愛必勝法が載っているわけではないからね。

それでは、それを踏まえたうえで、脈ありサインについて考えてみたいと思う。

評価は
〇:脈ありが期待できる
△:可能性はありうる
▲:可能性は非常に低い
×:脈あり0%、期待するな

http://jion.tokyo/580
参考はこのサイト。

女性が教える脈ありサインらしい。

①髪の毛に触れるしぐさ

男→女「×」
女→男「×」
いや嘘つけよ。
これは冷静な判断ができれば、まずおかしいと気付けるはず。

そのくらいだったら、自分でもやると思う。普通。

では次。

②行動や言動が似る

男→女「×」
女→男「×」

これも違う。
そりゃ一緒にいればそうなるよ。
同じ場所にいるから、同じことをするのであって、
一つの会話をしているから、言葉が似てくるわけじゃないだろうか。
それは似るというか、単に同じことをしているに過ぎない。

ただ1%くらいの人は、
心理的テクニックをどこかのまとめ記事で読んで実践してるのかもしれないね。


③唇に対してのしぐさ

男→女「×」
女→男「×」

冷静に考えれば、ただ唇が乾いていたんじゃないかな。

おそらくこの辺までは、
あまり真に受けている人は多くないのでは。

本番はここから。

④ちょっとした意地悪をする

男→女「△」
女→男「▲」

正直これは可能性としてあると思った。
100%脈ありではない。
ただ、脈ありかも?と考えてもいい段階ではないかなと思う。

女→男はあまり見たことがないし、
たぶん下に見られている時点であまり期待できないんじゃないかと思う。

ただ男→女はありうる。
少なくとも、対象外ではない。

なぜこう言えるかというと、
完全に脈がなければ、そもそもちょっかいなんか出さないのだ。

そんなことをして下手に好かれてしまったら困るからね。
たぶん「好き」という想いではないと思うが、
ある種の「好意」は抱いているといってもいいかなと思う。

男というのは正直ではなくて、
好きな相手にちょっと嫌なことをしたくなっちゃうことがあると思うよ。
小学生、いやそれよりも小さい時から。

「電話に、出ない」「返事を遅くする」

男→女「×」
女→男「×」

どうかな。
単純に忙しいだけだと思うし、
返信がめんどくさいとか、後でもう少し考えようってことだと思うけどね。

これで脈ありかも?とか舞い上がってると
足元をすくわれる。確実に。

ほかの異性の話をする

男→女「×」
女→男「×」

いや、これ駄目じゃない?
逆に意識してるなら、相手の喜びそうな話をすると思うんだけど...。

⑤フィジカルコンタクト

男→女「▲」
女→男「▲」

これを脈ありとしちゃう人は結構多いのでは。
ただ、これは本当に相手によると思う。

普段いろいろな異性と触れ合う機会が多い相手なら、
絶対に脈ありサインとしてとらえてはいけない。
その人からすれば、One of themでしかないと思う。
変に意識すると、気持ちにずれが出てきて、
告白したら「ごめん、そんなつもりはなかった」
と言われるような気がするね。

ただし、普段控えめな人からコンタクトがあったら
ちょっと可能性としては大きめに考えてもいいかもしれない。

偶然ぶつかったのではなくて、
明らかにコンタクトをとってきたのではあれば。

客観的に考えることができるかな。果たして。

話が膨らむ

男→女「×」
女→男「×」

友達でもよくある話。
友達と思われているか、だったらいい線いってるけどね。
脈ありの脈の字もないよ。

照れたしぐさ

男→女「▲」
女→男「△」

照れた...。
なんか照れるようなこと言ったんじゃないの。

だけど、何もしてないのに照れた感じだったら
なんかあるかもしれない。
いや、好意はあるかもね。もう少し親密になろうとしていいかも。

高めのトーン

男→女「×」
女→男「×」

ないです。

趣味に共感

男→女「×」
女→男「×」

よくある話。

視線が合う

男→女「×」
女→男「×」

これは勘違いしやすい行動No.1じゃないか?
こっちを見ている!これは相手が好きって思ってくれてるのかも!

落ち着こう。
そんなことではまともに外を歩くことすらできないではないか。


二人きりの時に甘える

男→女「△」
女→男「△」

これは...。まあ可能性としてはあるかもしれんな。
甘えるっていう表現がどんな感じなのかわからないけど。



親密な会話をする

男→女「△」
女→男「▲」

ここは非常に重要な部分。
たぶん親密な会話をしてくれる時点で、
それなりに心を許している相手ではないかと思う。

だけど、「友達として」、相談を持ち掛けているのかもしれないな、
と常に頭に置くことを忘れずに。
これは脈ありサインだ!!!と思って特攻すると、
相手の悩みを増やすだけで、逆効果だと思う。

服、小物のセンスをほめる

男→女「×」
女→男「×」

そのくらい友人関係でもあるでしょ。

具体的な良いポイントをほめてくる

男→女「▲」
女→男「▲」

これは、ぎりぎりあるかもしれない。
でもよく考えてほしい。
決め手にはならないからね。

話を聞く態度が熱心

男→女「×」
女→男「×」

そもそも聞かない人なんか完全アウトだよ。

常に笑顔があふれている

男→女「×」
女→男「×」

絶対違う。
それは性格だって。



今回はここまで。
どうだろう、脈ありなんてことは、
そう簡単に言えることじゃないということが分かったのではないだろうか。

次回はLINE篇を書いていきたいと思う。

アメリカ大統領選関連の秀逸なツイート

<ネタ篇>


フロリダサン...


しゃーない


あるあ...ねーわ。





<ありがち篇>


人間の判断ほどあてにならないものはない。


うーんこの


トーナメントバトル漫画にありがちな展開


これは事あるごとにあがってそう




風が吹けば桶屋が儲かる理論>

出ません。


<オマージュ篇>


100%崩壊しそうな二人組じゃあないか。


児玉清が選挙の司会も務めてほしい。


日本円とかいう海外投資家のおもちゃ。


いかんでしょw



<豆知識篇>


そういうことだったのか...。(無知)


今回はひっくり返ることなく終わったようだ。



<予測>


流れは止まらなかったね。

<その他>


対岸の火事は安心だからね、仕方ないね。


意外と礼儀正しかったりして。


やっぱ灘高ってすげーわ
しかしこれが日本の高校スタンダードになればいいのに。


実は政治もできる






改悪されていくSNS -twitterの歴史を振り返る-

ビジネス的に仕方ない面もあるとは思うけど、
徐々に使い勝手が悪くなっていくのは、SNSの定めなのだろうか。

ということで、twitterの歴史を振り返ってみたいと思う。

2006年7月15日
twitter開設

おお、なんと今年は10周年だったのか。
140字に限定したことで人々(特に日本人)は書き方の工夫を凝らしていくのだった。
その結果、数多くの面白いツイートが生まれていった。




2010年1月
公式RT

netafull.net

これまで設置されていなかった。RT機能が設置された。
それまでは ○○だよねRT:@xxx △△なう と、アプリを使うと引用することが可能だったのだ。
それが、とにかく公式を使うことを推奨する流れになり、引用という新たなスタイルが出てくるまでは主流であり続けた。
今もだけど。
良かった点は、東日本大震災のときに非公式RTだと同じ情報ばかりで埋まってしまうという問題を回避できたことくらい。
しかし、ここからtwitterはとりとめのない情報をだらだらと呟いて誰かの反応を楽しむツールから、
皆で同じ情報を共有するためのツールへと変わっていったような気がする。

2010年4月9日
公式アプリ

www.itmedia.co.jp

それまではブラウザか非公式アプリかの二択だったところに、
twitter社がアプリに本格参戦。
前身のアプリをベースに作っていたので期待度は高かったものの、そこまですでに出ていたアプリに勝てるインパクトはなかった印象。

さらにtwitterの良さであるサードパーティアプリの多さについて、
”公式”が出たことによる他アプリ切り捨てへの不安や怒りが現れた。
www.itmedia.co.jp

確かにその後電車内等でみるiPhoneは、どれも”公式”アプリを使用している。
その不安は見事に的中してしまったのだろうか。





2011年7月13日
日本語ハッシュタグ

r25.jp

最初は「#アイコンがしゃべりそうなこと」とか「#○○にありがちなこと」など
大喜利っぽく使われていた印象。
しかしいつの日からか、「○○な人はRT」「自分が好きな人はRT」「××なひとはお気に入り、△△な人はRT」
と、共感を集めるためのツールと化していった。
やっぱり共感路線じゃねーか!

その結果、日本語ハッシュタグをミュートする方法が話題になったり。
Janetterを使って日本語ハッシュタグを非表示にする方法


2011年7月29日
TLにプロモ配信開始

Twitterが「プロモツイート」開始、タイムライン内に1回だけ広告表示 -INTERNET Watch Watch

2011年というのは、一つの転換点だったのだろうか。
twitterもついに広告に乗り出す。
それはそれでいいんだけど、自分に全く関係のないプロモしか流れてこないため、
ただのうざい機能になってしまった。

2015年11月4日
fav→いいね

gigazine.net

この日、twitterに衝撃が走った。
これまで親しまれてきたfav(ふぁぼ)機能が姿を消し、
謎のハートマークに取って代わられてしまったのだ。

twitterの成長を共に見守ってきたfav機能。
Favstarやふぁぼったーという自分のツイートが何人からfavされているかをしるツールが
マストアイテムの時代があった。
5個貯まることを「赤ふぁぼ」と呼んでいたものだ。これはふぁぼったーで5個favを得ると、そのツイートが赤に変わることからきている。





というわけでtwitterは10周年を迎えたわけである。
これからも新たな革新()に邁進していただきたい。

就職先は年収じゃなくて時給で考えたほうがいいんじゃないか

電通に就職した1年目の東大生が過労による自殺。
いまも人気を誇る企業のひとつだけども、やっぱりその辺もしっかり考えていかないといけないんじゃないかね。

コンサル志望の就活生も多いだろうけど、
高収入に目をくらませすぎるのもやばいんじゃないかと思った。

例えばマッキンゼーはBAの時点で600-800万。
しかし労働時間は80時間/週はくだらないといわれている。




週に6日、一日11.4時間働いた場合、
600/52//6/11.4=1687円
800/52//6/11.4=2249円
となる。

電通の20-24歳の収入は677.2万円。
こちらも月平均140時間の残業があるということで、
9-5時勤務に残業時間を足すと11.6時間。
ただし土日は特別な事情がない限り休みとのこと。
677.2/52//5/11.6=2245円

https://en-hyouban.com/company/00001230769/2/

しっかり考えて就職先は考えていかなければ。



f:id:ajec:20161008190955j:plain

ジョジョ4部実写化、はあ?

といった声がどこからか聞こえてきそうな今回のニュース。


なんてこった。

疑問①
なぜスペインなのか。
杜王町は日本。キャストも日本。

疑問②
なぜ虹村億泰が爽やかなのか。
→ギャグやらないつもりか。

疑問③
全部やりきるってマジ?

今回でアンジェロまでしかやらないみたいなのに、
一体何年かけてやるつもりなんだ。
終わるころにはさすがの荒木先生も見た目が変わっているだろう。




Twitter上でもこれでもか、というくらいに批判の声があがっている
Yahooリアルタイムだと負感情44% 好感情10%とスキャンダル並みの酷評。

現時刻でこれを超えてるのは戸塚ヨットスクールくらい。笑

シリアス回→何とかなるかもしれない
ギャグ回→冷えきった空気

という予想。




理解不能!理解不能!




f:id:ajec:20160928204714g:plain