えくすてくすと

日々気になったことをサクサクと

01:そもそも就活とは【2019卒向け就活対策】

第1回目は、そもそも就活とは何なのかについて。

1.就活は「人生の分岐点」

就活とは何か。

色々な考えの人がいると思うが、
自分の人生における「一つの分岐点」と考えるのがいいと思う。

きっとこれまでも高校、大学受験など、様々な分岐点はあったことだろう。
その時に、自分の将来について考えた人は、その延長線上として、
もしあまり考えずに流されて、選択をした人にとっては、最初の分岐点となる事となるはずだ。




2.企業選びの基準は「価値観」にするのがベスト

どうやって企業を選んでいけばいいのか、悩んでいる人を多く目にしてきた。
そもそも自分が働いている姿なんて全く想像できない、という人も多い事だろう。

しかし、だからこそ想像してみてほしい。自分がどのように働いているのか。
どのくらい忙しいのか。ライフワークバランスはどうか。将来の目標に向けては、何をしているのか。

色々なイメージをしてみて、そのイメージにあう企業を選ぶのがベストだと思う。

ここで一つ注意してほしいのが、「自分の価値観≠企業のビジョン」ではない、ということだ。
よく、自分の価値観に合うビジョンを持つ企業に就職しろ、なんて声も聞くが、
それだけでわかるなら、簡単だ。企業名を隠して、ビジョンを並べたサイトでもあれば、一発で行きたい企業が見つかる事だろう。
実際のところは、どんな労働環境なのか、どんな人が働いているのか、仕事の内容としては何をしているのか、
そんなことを合わせて価値観に合うか、を考慮していかなければならない。




3.就活スケジュール:就活は3年からすでに始まっている

もっと言えば、大学入学時から就活については考えていくべきだったと思っている。
自分自身インターンシップを一年から行っていたが、そんな形だけではなく、真剣に考えていけばよかった、ということだ。

とにかく、ここでは3年からのスケジュールについて。
3年
 6月:サマーインターン申し込み開始
 8-9月:サマーインターン期間
 10-11月:秋インターン期間
 12-2月:冬インターン期間
 3月:説明会解禁
4年
 4月:本選考本格化 内定時期①
 6月:内定時期②

個人的に一番驚いたのは、
「早ければ3年秋に内定が出る」ということだ。
これはどういうことかというと、本選考のほかにインターン選考というものがあり、
外資系企業やベンチャー企業はこの時期に内定を出してくれるのだ。

一般的な企業を狙っている人達がまだやっている間に、
ゆったりとすることも可能なのである。

行きたい企業は人それぞれだと思うが、
早く始めるに越したことはない。

自分の人生の分岐点において、ベストな選択が出来るように、準備していこう。